苦手なポイントに焦点をあて、TOEFL iBTスコアを上げる

2020年2月21日

– iBT TOEFLの勉強をするにあたってアフィニティを選んだ理由を教えて下さい。

TOEFL iBT受験を数週間後に控えていたので、準備にかける時間が余りありませんでした。その中で、受験準備コースのある学校を探していた所、アフィニティを見つけました。電話での問い合わせの後すぐに受講できるマンツーマンの集中レッスンを勧めて頂いたのがきっかけです。

– レッスンを通してどのような効果を期待されましたか?

iBT受験に向けての準備と、先生に自分の苦手とする分野を重点的に教えて頂くことです。また、iBTテストそのものについて学ぶことと、スコアを上げるために必要とされる受験テクニックです。

– レッスンは期待していたものでしたか?またどのように効果的だったと思いますか?

レッスンは期待通りのもので大変驚きました。短期間の中でテストそのものについてたくさんのことを学ぶことができ、またレッスンを通して私のエッセイの書き方が実は正しくなかったことも発見できました。アンソニー先生には、エッセイトピックの新しい考え方や適切な書き方を指導して頂きました。

– レッスンの中で講師の教え方はどうでしたか?

レッスン自体はリラックスしているけれど、とても集中した雰囲気の中で行われていました。レッスンを通していつも感じていたことは、先生がただ仕事をしているのではなく、私に英語を教えるということに対してとても興味を持って下さっているということでした。きめ細やかな指導がとても印象的で、これまで経験したことのない楽しい雰囲気の中レッスンを受けることができました。

– 講師は英語やiBTテストにおいて、あなたが苦手とするポイントをきちんと理解していましたか?

はい。レッスンでは、私の苦手なポイントに焦点をあて、それをどのように改善するべきかを教えて頂きました。先生は、iBTスコアを上げる上で大切な基礎的なポイントを教えてくれました。また、指導経験が豊富なので、それぞれのセクションで、私が苦手とするところを見つけ出すのがとても上手でした。

– 他の学校と比べてアフィニティはどういったところが良い点でしたか?

先生は、常に私自身が必要としていることを集中して教えて下さいました。アフィニティの生徒さんはほとんどが日本人で私はドイツの出身ですが、レッスンが自分にあっていないと感じたことはありません。日本人の生徒さんとは母国語が違うので、英語の勉強における間違いも自然と変わってきますが、アンソニー先生は日本人ではない私にも柔軟に対応して頂き、私自身にあった教え方をして下さいました。他の学校は、教え方についてはある程度構成がなされていて、個人の違いや個人が求める勉強に対しては柔軟性が余りありません。その枠に当てはまるようにレッスンが構成されているので、学校側が個人を余り意識しないままレッスンが進められていることが多いと思います。その点アフィニティは違います。教材も日によって違いますし、iBT受験へ向けての勉強に大変適していました。

– アフィニティでのiBT試験準備は特にどういった点で良かったですか?

iBT特有の構成に慣れることができました。練習を重ねて英語とiBTにおける苦手分野をいろいろな角度から集中して取り組みました。先生は、テストの中で難しい問題に直面した際(文章が理解できない等)にどう対応すればよいかといったヒントをたくさん教えて下さいました。そういった先生のレッスンは私自身が勉強に集中して取り組む上でも、とても助けになりました。


 
まずはお気軽に体験レッスンにお申し込み下さい。
お問い合わせ:
03-6455-0274
受付時間:
平日9:30-18:00/土曜日10:00-15:00